奈良県公式アプリ「ならたん」

スタンプラリーの詳細、利用方法

現在開催中のスタンプラリー

1:ならたんGO!GO!スタンプラリー
2:奈良の薬草木のパワースポットスタンプラリー
3:阿倍の本貫6カ所巡り

阿倍の本貫6カ所巡り

紀元160年~185年頃の倭国動乱を経て、卑弥呼が共立されます。その後、崇神・垂仁・景行に繋がる三輪王朝(前期大和朝廷)の時代が始まります。大和朝廷を支えた氏族は、五大夫(まえつきみ)です。
・和珥臣(わにおみ)
・物部連(もののべむらじ)
・大伴連(おおともむらじ)
・中臣連(なかとみむらじ)
・阿部臣(あべおみ)
五大夫の内、阿部臣の遺構が桜井市谷を中心に今に伝えられています。阿部一族は東北に拠点を移しますがその一部は山口に移り、子孫に引継がれています。

【主催】料理の神・協議会[桜井市谷区・桜井区自治協議会]
【開催期間】2017年11月1日~2018年2月28日

【スポット紹介(全6ヶ所)】

谷・若櫻神社
スポット位置:鳥居付近
場所の説明 :主祭神は伊波我加利命。日本書紀では料理の神とされ、料理人(りょうりびと)の信仰を仰ぎます。
阿部の祖 大彦命を祀る安倍神社も合祀されています。

谷・石寸山口神社
スポット位置:鳥居付近
場所の説明 :宮殿を造る上で伐採した木を貯蔵した地[山の口]とされ、大山津命をお祀りし、木の神として信仰されています。神社の前の池は 磐池(いわれいけ)と考えられています。

土舞台
スポット位置:石碑付近
場所の説明 :推古20年に百済の味摩之(みまし)が「伎楽舞(くれのうたまい)」を持ち帰り、少年たちを集めこの地で伝えたとされています。昭和47年にはノーベル賞受賞学者の朝永振一郎夫妻、俳優の森重久弥様をはじめ多数が参加され、芸能発祥の地「土舞台」碑の序幕式が行なわれました。

安倍文殊院
スポット位置:西古墳付近
場所の説明 :安倍文殊院は、645年に阿部倉橋麻呂(あべのくらはしまろ)が創建したと伝えられています。
日本一大きい「国宝・渡海文殊菩薩」様をお祀りされ、智慧の文殊様として親しまれていて、受験シーズンには参拝が絶えません。境内にある西古墳は、阿部倉橋麻呂(あべのくらはしまろ)のお墓とされます。

上之宮遺跡
スポット位置:遺跡中央付近
場所の説明 :本遺構は、聖徳太子の住居地と推定されています。発掘調査の後に遺構は復元されました。木簡、琴柱や最古のべっ甲が見つかっています。また、遺構からは桃・スモモの核が多数みつかり かつての花園と思われています。

等彌神社
スポット位置:鳥居付近
場所の説明 :神武天皇が大嘗祭(だいじょうさい)を行った地とされます。鳥見(とみ)の霊畤(れいじ)の地には 天照大神(あまてらすおおみかみ)をお祀りされています。境内には 万葉歌碑もあり、紅葉シーズンにはライトアップされます。また、境内から土偶(宇宙人)が発見されています。

スタンプラリー賞品

6スタンプ
QUOカード500円分
*抽選で3名 アプリ内応募フォームにより応募してください。期間終了後に抽選し、郵送します。